前へ
次へ

美容と睡眠の関係について

睡眠には体を修復する役割があります。
また、自律神経を整え、健康維持に不可欠なホルモンの分泌の調整にも深く関わっていると考えられています。
中でも「若返りホルモン」とも呼ばれるメラトニンや成長ホルモンは、夜10時から深夜2時までの睡眠中に最も多く分泌されます。
これらのホルモンは、新陳代謝を促す役割があります。
細胞の修復や再生が十分に行われれば、肌荒れや老化を防ぐことができます。
よって、美容という観点からも大変重要なことです。
また、十分な睡眠が取れていないと、ホルモンの働きにより、食欲や新陳代謝が正常に働かなくなることがあります。
したがって、脂肪の燃焼も効率よく行われなくなるので、太りやすくなると考えられています。
ホルモンを正常に分泌させるには、一般的に7~8時間ほど眠るのが理想的だと言われています。

睡眠の質についてのこと

美容に良いことの一つに質の良い睡眠があげられます。
質の悪い睡眠を長い期間行っていると肌にも悪影響がでてきてしまいます。
ですから、質の良い睡眠ができるように工夫をしていく必要があります。
質の良い睡眠をするにはどのようなことを気をつければ良いのかというと、寝つきを良くすることが大事です。
寝つきが悪いと深い眠りをしにくくなります。
寝つきを良くしていくには寝る前の環境が大切です。
寝る前にパソコンを触ることは避けることが良いです。
そして、気持ちが落ち着くようなことをすることも大事です。
軽いストレッチをすることやアロマを活用することが便利です。
アロマは寝る前に部屋に香らせることで気持ちが落ち着きやすくなります。

Page Top